忍者ブログ
GIMP思い込みチュートリアルGIMPの使い方

画像編集ソフトGIMPの使い方(チュートリアル)を中心に、GIMPに関する事を書いています。
思い込みで書いている部分もあると思いますので、コメントでのご指摘、随時募集中です。

ブログ内検索
カテゴリー
月別記事一覧
ツイート

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

1つ新しい記事:GIMP 2.4.2 リリース
1つ古い記事:最近気になった記事いろいろ(07年11月17日版)

▲ このページの1番上へ ▲

テキストやアイコンを立体的にする方法(GIMPチュートリアル)

以前「RSSアイコンを立体的にする方法」と言う記事でRSSアイコンを立体的にする方法を書きました。そのときは、レイヤーをたくさん複製してちょっとづつずらしていく方法を説明したんですが、結構面倒くさい作業です。

で、今回それに代わる、もうちょっとスマートな方法をまとめておきます。この方法は下のPhotoshop(フォトショップ)のチュートリアル見ながら思いついた方法です。
PSDTuts - Just Great Photoshop Tutorials » Using Light & Shade to Bring Text to Life

と言う事で詳しくは以下の通り(説明にはGIMP2.4を使用しています)。
GIMPを立ち上げて、適当なサイズのファイルを新規作成します。

立体にしたいテキスト(文字)あるいは、アイコンなどを用意します。ここでは、(文字)を使って「GIMP」というテキストを立体的にしていきます。


「レイヤー → レイヤーを画像サイズにあわせる」をクリック。


「レイヤー → レイヤーを複製」でレイヤーを複製します。
ここまでの作業でレイヤーはこんな感じになっています。


「GIMP#1」というレイヤーが、今複製したレイヤーで、その下のレイヤー「GIMP」が奥行きを出す部分になります(レイヤーの名前は挿入した文字等により異なりますので自分の状態に合わせて読み変えてください)。

このレイヤー「GIMP」を右クリックし、「選択領域をアルファチャンネル」を選択。(塗りつぶし)を使って、奥行き部分の色を塗ります。ここでは黒で塗りつぶしました(ちなみに「選択領域すべてを塗りつぶす」にチェックを入れておくと選択領域を一度に塗りつぶせます)。


「選択 → None」(Shift + Ctrl + A)をクリックし、選択を解除します。

「フィルタ → ぼかす → モーションぼかし」をクリック。

立体にしたい「長さ」と「角度(方向)」を指定します。
とりあえずここでは「長さ:30」「角度:45」に指定しました。




「色 → カーブ」をクリック。
チャンネルを「アルファ」に設定します。表示されている直線を下図のように左上すみ付近へドラッグします。


プレビュー画面を見ながら適当に調整してください。納得できたら「OK」クリック。


これで完了です。

アイコンでも他のテキストでも要領は同じです。長さや角度を変えて試してみてください。
PR
1つ新しい記事:GIMP 2.4.2 リリース
1つ古い記事:最近気になった記事いろいろ(07年11月17日版)

▲ このページの1番上へ ▲

コメント一覧

コメント数:0

この記事にコメントする

申し訳ありませんが、現在コメントは受け付けておりません。

▲ このページの1番上へ ▲

この記事へのトラックバック

この記事と関係ないトラックバックは削除させていただきます。

トラックバックURL:

最近の記事
最近のチュートリアル
GIMPで凹凸感のあるシンプルなボタンを作る方法 GIMPで氷のテキストを作成する方法 【GIMP】下から飛び出す感じの虹色のテキスト GIMPで虫メガネを描く方法 GIMPでカラフルなモザイクのテキストを作成する方法 GIMPを使ってインフォメーション・アイコンを作る方法 GIMPで回転する地球のgifアニメーションを作成する方法 GIMPでサイコロ(角丸な直方体)を描く方法 GIMPで雪だるまのクリスマスカードを作る方法 GIMPを使って消しゴムを描く方法 GIMPを使って鉛筆を描く方法 リング式メモ帳の描き方

画像をクリックするとチュートリアルのページを開きます