忍者ブログ
GIMP思い込みチュートリアルGIMPの使い方

画像編集ソフトGIMPの使い方(チュートリアル)を中心に、GIMPに関する事を書いています。
思い込みで書いている部分もあると思いますので、コメントでのご指摘、随時募集中です。

ブログ内検索
カテゴリー
月別記事一覧
ツイート

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

1つ新しい記事:GIMP関連記事リンク集(09年2月28日版)
1つ古い記事:GIMP関連記事リンク集(09年2月21日版)

▲ このページの1番上へ ▲

GIMPインストール後の環境設定等の変更

GIMPをインストールした後に管理人がいつも変更する環境設定や文字サイズ等の変更についてまとめておきます。
「だから何?」って内容ですが、何かの参考にでもして下さい。

以下、色々書いていますが、「こうしないといけない」とか「こっちの方がいい」ってことはありません。使いやすいように設定するための参考と思ってください。
以下、画像をクリックすると拡大表示します。

インストール直後、何も変更していない状態は下の画像のとおりです(画像ウィンドウを最大化しています)。


では、設定を変更していきます。



環境設定の変更


編集>環境設定をクリック。

テーマを選択。
右側にあるテーマの「Small」を選択。


Smallを選択するとツールのアイコンが小さく表示されます。変更前と変更後を比較するとこんな感じ。


ツールボックスを選択。
「アクティブなブラシ・パターン・グラデーション」と「アクティブな画像」にチェックを入れる。


なんとなくコッチの方が良いかなぁと思ってこうしています。変更前と変更後を比較するとこんな感じ。


画像ウィンドウの表示形式を選択。
メニューバーのチェックを外します。


「メニューバー」のチェックを外すと画像ウィンドウからメニューバーが非表示になります。管理人は、右クリックからメニューを選択しているのでこれで問題なし。
変更前と変更後を比較するとこんな感じ。


「OK」をクリックして環境設定のウィンドウを閉じます。




レイヤーやブラシウィンドウの変更


次にレイヤーやパスなどのウィンドウを下の画像のように変更します。


レイヤーは、どのレイヤーがアクティブになっているかすぐ確認できるので、上段に1つだけにしています。その他のウィンドウはまとめて下段にしています。

ちなみに、タブをドラッグすれば上段から下段、あるいは下段から上段へと移動できます。



余談ですが、同様にドラッグで移動させれば、3段にすることも出来ます。


さらに、ツールボックスのツールオプションも加えたり出来ます。


その他、タブのメニューをクリックすれば、他のタブを追加できたり色々出来ます。


以上、余談。




ここで、いったんGIMPを終了させます。



文字サイズの変更


次に、gtkrcを編集してメニューなどの文字サイズを変更します。以前「GIMPのメニュー欄などの文字サイズ変更方法」という記事でまとめたモノと同じです。

次のファイルをメモ帳などのテキストエディタで開きます。失敗してグチャグチャになるのが怖い人はバックアップを取っといてください。
また、このファイルは1度GIMPを終了させないと作成されないファイルです。インストール後「GIMPの立ち上げ→終了」の手順を踏んでください。

C:\Documents and Settings\各自のユーザー名\.gimp-2.6\gtkrc


GIMP Portableの場合は、GIMP Portableを保存したフォルダにある次のファイルを開いて下さい。

GIMPPortable\App\gimp\etc\gtk-2.0\gtkrc



ファイルの最後に

style "gimp-default-style"
{
font_name = "MS UI Gothic 14"
}

style "gimp-display-style" = "gimp-default-style"
{
font_name = "MS UI Gothic 14"
}


と書き加えます。

{ }内のMS UI Gothicがフォントで、14が文字サイズです。
管理人の場合、チュートリアルの解説で見やすいかと思い、サイズを14にしていますが、普通に使うなら14はちょっと大きいかもしれません。

また、style "gimp-default-style"で始まる部分はツールボックスの文字を、style "gimp-display-style" = "gimp-default-style"で始まる部分はメニューの文字を指定しています。



ツールボックス上部のウィルバー君を非表示


ツールボックスに表示されるウィルバー君を非表示にします。
本家のGIMPの場合、次のファイルをテキストエディタで開きます。

C:\Documents and Settings\各自のユーザー名\.gimp-2.6\gimprc


開いたら

(toolbox-wilber no)


を書き加えて保存します。



GIMP Portableの場合は、GIMP Portableを保存したフォルダにある次のファイルを開いて下さい。

GIMPPortable\App\gimp\etc\gimp\2.0\gimprc



開いたら588行目の

# (toolbox-wilber yes)




(toolbox-wilber no)


に書き換えて保存して終了。

これで、ウィルバー君が非表示になります。



最後に


ということで、最終的にはこんな感じになります。




冒頭でも書きましたが、使いやすさは人によって違うので、自分が使いやすいように変更してみてください。

おしまい。
PR
1つ新しい記事:GIMP関連記事リンク集(09年2月28日版)
1つ古い記事:GIMP関連記事リンク集(09年2月21日版)

▲ このページの1番上へ ▲

コメント一覧

コメント数:2

No1.初心者でも

初めまして!画像を扱うソフトは全く初心者です。高いソフトを購入する前に試してみたいと思って、フリーをDLしてみました。現段階ではどれが見やすいかも全く判りませんが、慣れたときのために印刷して取っておこうと思っています。写真を好みの形に切り抜いて、余分なところを透明(透過?)にしたのですが簡単にできますか?手順や用語が解しませんし、こんなビギナーを助けてくださるあなた様のページがあったら是非教えてください。孫の写真を楽しみたいのです。宜しくお願いします。

2009年 06月 17日

吉田律子

Re:初心者でも

返事が遅くなってしまい申し訳ありません。

画像の切り抜きについては、下のページで紹介しています。

GIMPの前景部分選択を使って写真中の人物を切り抜く方法


その他「gimp 切り抜き」で検索したら参考になるページがたくさん出てきますよ。

2009年 08月 27日

管理人

No2.無題

レイヤーやブラシウィンドウの変更の中にナビゲーションウィンドウをいれるのもいいですよ。

2009年 09月 22日

No Name

Re:無題

管理人の場合、扱う画像が小さいものばかりなのであまり恩恵はないんですが、
イラスト描区場合など大きめの画像を扱うときには便利そうですね。、

2009年 09月 22日

管理人

この記事にコメントする

申し訳ありませんが、現在コメントは受け付けておりません。

▲ このページの1番上へ ▲

この記事へのトラックバック

この記事と関係ないトラックバックは削除させていただきます。

トラックバックURL:

最近の記事
最近のチュートリアル
GIMPで凹凸感のあるシンプルなボタンを作る方法 GIMPで氷のテキストを作成する方法 【GIMP】下から飛び出す感じの虹色のテキスト GIMPで虫メガネを描く方法 GIMPでカラフルなモザイクのテキストを作成する方法 GIMPを使ってインフォメーション・アイコンを作る方法 GIMPで回転する地球のgifアニメーションを作成する方法 GIMPでサイコロ(角丸な直方体)を描く方法 GIMPで雪だるまのクリスマスカードを作る方法 GIMPを使って消しゴムを描く方法 GIMPを使って鉛筆を描く方法 リング式メモ帳の描き方

画像をクリックするとチュートリアルのページを開きます