忍者ブログ
GIMP思い込みチュートリアルGIMPの使い方

画像編集ソフトGIMPの使い方(チュートリアル)を中心に、GIMPに関する事を書いています。
思い込みで書いている部分もあると思いますので、コメントでのご指摘、随時募集中です。

ブログ内検索
カテゴリー
月別記事一覧
ツイート

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

1つ新しい記事:ラッピングしたガラスチューブ(GIMPチュートリアル)
1つ古い記事:アニメ的な雲の描き方(GIMP)チュートリアル

▲ このページの1番上へ ▲

「レイヤー効果」スクリプトの追加

070425LayerEfect2.jpg
● 08年3月13日 追記
Layer Effectsに関しては「再再掲「Layer Effects(レイヤー効果)」という記事で、どのような効果が得られるかや、導入方法についてまとめ直しました。
このページのj情報は古いので、そちらを参照してください。

あるチュートリアルを試していたら、Sucript-Fuに「レイヤー効果(Layer Effects)が追加されてない」って事が判明…。

レイヤー効果があると「ベベルとエンボス」「サテン」などが使えるようになります。「これは入れておかねば」と思い追加しました。

ということで、以下、その作業についてまとめておきます。
まず、レイヤー効果って何ができるのって人は下のページを見れば分かると思います(ページの下の方に作成例が出ています)。
レイヤー効果スクリプト集

「ドロップシャドウ」や「グラデーションオーバーレイ」などは既にGIMP(ギンプ)に含まれていますが、「シャドウ(内側)」「ベベルとエンボス」などを使いたい場合は追加しておく必要があると思います。

前置きはここまでで、追加方法です。
先ほど示したページの「スクリプトについて」という段落の最後の行の「layer-effect.scm」を右クリックして保存します。
※ 注意 ※
このスクリプトはGIMP2.4以降では正常に機能しません。スクリプトの追加については「再再掲「Layer Effects(レイヤー効果)」をご覧下さい。

070425LayerEfect1.jpg

この時の保存先は
C:¥Documents and Setting\ユーザー名\.gimp-2.2\scripts
にします。
070425LayerEfect3.jpg

GIMPを立ち上げて、「Script-Fu」に「Layer Effects」が含まれていれば完了です。
070425LayerEfect2.jpg

ちなみに、下のページ
GIMP2を使おう

の「スクリプト(Script-Fu)」の項目で、色々なスクリプトを追加する事ができます。

ということで、次の記事では、「ベベルとエンボス」を使ったチュートリアルを紹介しようかなと思っています(訳しているだけですが…)。
PR
1つ新しい記事:ラッピングしたガラスチューブ(GIMPチュートリアル)
1つ古い記事:アニメ的な雲の描き方(GIMP)チュートリアル

▲ このページの1番上へ ▲

コメント一覧

コメント数:0

この記事にコメントする

申し訳ありませんが、現在コメントは受け付けておりません。

▲ このページの1番上へ ▲

この記事へのトラックバック

この記事と関係ないトラックバックは削除させていただきます。

トラックバックURL:

最近の記事
最近のチュートリアル
GIMPで凹凸感のあるシンプルなボタンを作る方法 GIMPで氷のテキストを作成する方法 【GIMP】下から飛び出す感じの虹色のテキスト GIMPで虫メガネを描く方法 GIMPでカラフルなモザイクのテキストを作成する方法 GIMPを使ってインフォメーション・アイコンを作る方法 GIMPで回転する地球のgifアニメーションを作成する方法 GIMPでサイコロ(角丸な直方体)を描く方法 GIMPで雪だるまのクリスマスカードを作る方法 GIMPを使って消しゴムを描く方法 GIMPを使って鉛筆を描く方法 リング式メモ帳の描き方

画像をクリックするとチュートリアルのページを開きます