忍者ブログ
GIMP思い込みチュートリアルGIMPの使い方

画像編集ソフトGIMPの使い方(チュートリアル)を中心に、GIMPに関する事を書いています。
思い込みで書いている部分もあると思いますので、コメントでのご指摘、随時募集中です。

ブログ内検索
カテゴリー
月別記事一覧
ツイート

かすんだ写真を明瞭にする方法(GIMPチュートリアル)

かすんだ写真をクッキリさせる方法の紹介です。このチュートリアルは下のページを参考にゴリゴリ挑戦してみました。ちゃんと訳している訳ではないので、きちんとやりたい方はこのページをどうぞ。
Removing Haze

手順は簡単なんですが理屈っぽく考えると難解です。なので、今回はちょっと乱暴な説明ですが、詳細は以下の通りです。
まず、かすんだ写真を用意し、それをGIMPで開きます。
そんな写真は無いけど試してみたい、て方は個人的な練習用としてこの写真を使ってもらって構いません(右クリックで保存してください)。

今回はこんな感じの写真のかすみを取り払います。


「レイヤー → 色 → レベル」をクリック。

チャンネルを「明度」にして、白、灰色、黒のつまみを調整します。ただ、そこをいじくらなくても「自動」をクリックするだけで、良い結果が得られるようです(画像はクリックで拡大します)。


て、書いてますが、レベル補正について詳しく把握しているわけではありません。詳しくは後日まとめるとして(多分ですが)、とりあえずココでは、「自動をクリックすればよい」と思ってください。

続けて「フィルタ → 強調 → 非シャープ化マスク」をクリック。

プレビュー見ながら、値を適当に設定して「OK」クリック。


「値を適当に」なんて書いてますが、以下目安の値について書いておきます。
「半径」は50~100ぐらいに設定するようです。出来上がりを見ながら好みで調整するようです。GIMPユーザーズマニュアルも参考にしてみて下さい。経験とカンが必要なのかな?

「量」は以下のような式で目安が求められるとの事です(GIMPユーザーズマニュアルより)。
半径 = (画像のppi ÷ 30) × 0.2

ここで、ppiとは、「ピクセル・パー・インチ(pixel per inch)」の略です。
自分の画像のppiが知りたい場合、「表示 → 情報ウィンドウ」でピクセルとインチの情報が表示されるので、「ピクセル÷インチ」と自分で割り算してください。
他にも方法はあるかもしれませんが、今のところそれぐらいしか思いつきません。

「しきい値」は0で良いようです。

で、この非シャープ化マスクについても、いつか自分なりにまとめるとして、ココでは「そんなもんか」と思ってください。

チュートリアルはこれで終了。下の画像を見るとどれだけ変わったかが一目瞭然だと思います。
最初→レベル補正→非シャープ化マスクの順に表示されます(クリックで拡大します)。


という事で、なんだか乱暴な説明なんですが、レベル補正と非シャープ化マスクについては、後日、別記事でまとめます やる気が出れば


以下、余談。

今回使った写真は双六岳頂上から撮った槍ヶ岳です。立山から薬師岳、黒部五郎岳、双六岳と縦走した時に撮った写真です。

また、ppiについてはdpiと同じなようで、多分違ったと思います。PCの画面に表示されるときの大きさと、実際に印刷したときの大きさって異なって … 云々 …
なんか、そんな話があるんですが、いつもピンとこないんですね、ここら辺の話は。
あ~、本当にこの頭の回転の遅さをどうにかしたい…。
PR
1つ新しい記事:記事の補足(スクリプトの追加について)
1つ古い記事:昨日見つけたGIMPに関するブログ

▲ このページの1番上へ ▲

コメント一覧

コメント数:0

この記事にコメントする

申し訳ありませんが、現在コメントは受け付けておりません。

▲ このページの1番上へ ▲

この記事へのトラックバック

この記事と関係ないトラックバックは削除させていただきます。

トラックバックURL:

最近の記事
最近のチュートリアル
GIMPで凹凸感のあるシンプルなボタンを作る方法 GIMPで氷のテキストを作成する方法 【GIMP】下から飛び出す感じの虹色のテキスト GIMPで虫メガネを描く方法 GIMPでカラフルなモザイクのテキストを作成する方法 GIMPを使ってインフォメーション・アイコンを作る方法 GIMPで回転する地球のgifアニメーションを作成する方法 GIMPでサイコロ(角丸な直方体)を描く方法 GIMPで雪だるまのクリスマスカードを作る方法 GIMPを使って消しゴムを描く方法 GIMPを使って鉛筆を描く方法 リング式メモ帳の描き方

画像をクリックするとチュートリアルのページを開きます